硫黄島からの手紙を軍事考察

1名無し三等兵2014-08-15 22:23:15

硫黄島からの手紙を軍事考察

22名無し三等兵2014-08-16 18:30:38

>>1

重複につき誘導

戦争映画・統合スレ 20

hhttp://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1399870276/

38名無し三等兵2014-08-18 03:03:52

>>1

同じ映画で同様の糞スレ立ててどんな気持ち?

硫黄島からの手紙

hhttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1250335802/

112名無し三等兵2014-12-10 01:26:44

>>111

>>1が一人さびしく上げとるんかなこれ

7名無し三等兵2014-08-15 23:45:56

うそ臭いわ

8名無し三等兵2014-08-16 00:05:38

>>7

でも渡辺謙とかがかなり口を挟んだとか聞いた記憶あるけど、「ラストサムライ」なんかに比べたらかなりマシな方なんじゃないかね。

「ラストサムライ」なんか日本ネタにせず、素直に「ラストインディアン」にして、グランドキャニオンで撮影してろって感じで。

米国映画特有のトホホな日本描写は少ない方かなと。

15名無し三等兵2014-08-16 09:36:00

>>8 ラストサムライ。どうせなら幕末版『ワイルドバンチ』でもやれば

良かったのにね(´・ω・`)

9名無し三等兵2014-08-16 00:12:08

確か記憶では、

米軍機、硫黄島を空襲

一式陸上攻撃機が飛行場の目立つ場所にあるにも関わらず米軍機は逃げ惑う日兵士を攻撃

米軍機、一式陸上攻撃機を攻撃せずに帰っていく

って感じな軍事常識的に不自然な話だったのは覚えてる

今日はとりあえずパラオの方を見たけど

10名無し三等兵2014-08-16 01:04:09

硫黄島からの手紙は98式臼砲を見る映画

13名無し三等兵2014-08-16 09:23:49

>>10

いや四式二〇糎噴進砲だろ。

14名無し三等兵2014-08-16 09:29:26

>>13

ガバメント見るためだよ。

21名無し三等兵2014-08-16 17:25:57

一応、戦前の日本も文民統制の法制度だからなw

25名無し三等兵2014-08-16 22:16:50

硫黄島特有の水蒸気むんむんの状態が全然出てこなかったのも変だ。

35名無し三等兵2014-08-17 17:57:38

ジャップは馬鹿だからしょうがねえよ

44名無し三等兵2014-08-19 09:57:23

この映画に限らず、洞窟内のトイレ事情はどうしてたんだろ?

45名無し三等兵2014-08-20 22:04:35

バンザイ突撃しかできねえジャップが

映画にガタガタ因縁つける資格なんてねえだろ・・・

>>44

ニノが鍋みたいなの捨てに行ってたよ

46名無し三等兵2014-08-21 06:26:10

>>45

アホじゃねーのかキチガイ

チョンモーに帰れよ

52名無し三等兵2014-08-22 13:49:52

>>45

>バンザイ突撃しかできねえジャップが

確かに無闇なバンザイ突撃は戦略上、好ましくない。

よほどタイミングを選ばないと敵兵への心理的な効果しかないからね。

だからこそ硫黄島を守備した小笠原兵団は、

矢弾尽き、人員も少数になって組織的抵抗が不可能になるまで

陣地防御やゲリラ戦を徹底し、無闇な万歳突撃・自決を強く戒めていた。

そうやって、米軍の事前予想に反して36日間も持ちこたえ、米軍屈指の激戦地となったんでしょ。

硫黄島での日本兵の奮戦ぶりは数値に明確に現れている。

Battle of Iwo Jima に関しては、「バンザイ突撃しかできねえジャップ」などという評価は米軍はしてないと思う。

49名無し三等兵2014-08-21 20:46:16

>>46

バンザイ突撃やるほうが

よっぽどキチガイだろ

ま、世界の警察アメリカ様に仕掛けた時点で

キチガイなんですけどね、わかりますよねそれくらいw

62名無し三等兵2014-08-27 20:33:16

バロン西が米軍捕虜を手厚く扱ったのは本当なの?

63名無し三等兵2014-08-28 08:58:27

>>62

『オリンポスの使徒 「バロン西伝説はなぜ生れたか」』 大野芳、文藝春秋、1984年

↑これに証言として記述されているようです、(読んだことはないんですけど…)

絶版みたいですが、蔵書してある図書館も多いみたいです

70名無し三等兵2014-09-01 17:21:08

>>62>>63

遅ればせながら当該箇所です。

2月25日、…(中略)…この日、戦車連隊の本部壕に陣取っていた西の前に、アメリカ人の捕虜が連れて来られた。

捕虜は、火炎放射器で戦車隊を攻撃している時、撃たれてつかまったものだった。

山崎(岸)明*は、この時の模様を階段のそばに座って聞いていたという。

「勇敢な海兵隊の兵隊ですが、火炎放射器を持っていまして、それを大谷道雄中尉が連れてきたんです。

西さんは、英語で尋問してましたが、割合フェアーな話方でした。そばに副官の松山少佐、下山鐐造軍医少尉、

松村栄作主計大尉などがいました。その兵隊は、故郷の母親からの手紙を持ってまして、家庭の様子が書いてあるんです。

農家の出身で、妹がいて、ほかの兄弟が別の所で戦っているようなことが書いてありましてね。西さんは、兵隊を

しばることもしませんでした。兵隊は、尋問がすむと、ピタッと階段のところに座っていましたよ」

手紙には、さらにこう書いてあった。

『早く帰ってきて頂戴。ママはそればかりを待ってるのよ……』

西は、これを読み終えると、

「どこの国でも、人情には変わりがねえな」

と呟いたという。

そう思うと、先刻まで日本兵を殺戮していたこの捕虜を憎む気にもなれなかったのだろう。西は、下山軍医に傷の治療にあたらせた。

といっても本部壕の奥では、傷病兵がうめき声をあげている。日本兵の彼らにすら充分な治療を施す薬品はなかった。

だから、その捕虜の治療も不完全であったのだろう。翌日、息絶えていた。

〜オリンポスの使徒 大野 芳〜

*(旧姓)岸 明 中尉

71名無し三等兵2014-09-04 22:28:05

やっぱりジャップは、世界の警察ことアメリカ様に感謝すべきだよね

壊滅させてくれてありがとう、バカの暴走止めてくれてありがとう、目を覚まさせてくれてありがとう

わかってねえだろ?

74名無し三等兵2014-09-07 01:30:57

★山本五十六は捕虜となった搭乗員に自爆を強要

“零戦の天才パイロット”坂井三郎も、“ 部下殺し”の残忍な山本五十六を告発している。

1942年の初期マレー作戦で、 台湾の台南海軍航空基地の「中攻」隊のうち、1機が

被弾して敵地に不時着し、マレー半島の現地人に保護されたあと救出された6名の搭乗員に

対して、「捕虜になった」と認定して、山本五十六は「5月上旬」と指定した「死刑」の

“自爆”を命じた。かくして、6名が乗る「中攻」1機は、ラバウル基地から東ニューギニアの

ラエ基地に飛び、そこから敵の高角砲陣地にめがけて「自爆=自殺」した。

このように、山本五十六は、パイロットの命を“虫けら”としか考えなかった。

国家の財産である中型爆撃機1機など“ちり紙”としか考えなかった。

中川八洋『山本五十六の大罪』

78名無し三等兵2014-09-07 06:08:51

>>74

おい

ウソを書きまくって他人を攻撃しても、牟田口閣下は喜ばないだろう。

牟田口閣下があの世で泣いているぞ。

80名無し三等兵2014-09-07 10:15:48

>>74

1空事件

hhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1087367020

牟田口さんのことも出てるぞ。

第一次上海事変において中国軍の捕虜になった空閑(くが)昇少佐の件

「牟田口廉也中佐は「われわれ同期生で相談のうえ」、潔く自決せよ

という電報を空閑少佐に送ったと語った」

●貴方が他人叩きをやればやるほど、牟田口さんをキズつけることになる。

85名無し三等兵2014-09-12 08:22:14

>>74 ①

まったくのウソ

⑦この同期生が手記に書いているのは、「飛行長が命令を告げた」ということだけだ。

そこにも連合艦隊司令部や軍令部が出したなどということは書かれていない。

坂井氏は連合艦隊司令部や軍令部が命令を出したと言ってるが、

いったい何をもとにしてそんなことを言ってるのか全く記入は無い。

(おそらくは同期性の手記も創作であろう。如何なる手記なのか記載なし)

⑧森玉部隊長が彼らの上司であったかのように書いているが、

森玉氏は、それまで茨城県にあった谷田部海軍航空隊司令であり

昭和17年2月から第4航空隊(4空)の司令となったのであり、

問題の中攻機が所属する1空の部隊長などではない。

⑨坂井氏は別の著書「大空のサムライ」に、

彼らを励ますために、風防ガラスにこう書いて伝えた、とある。

「ムダニシヌナ キミタチハ オレタチガ カナラズマモル ガンバレ」

風防にいったい何によって書いたのか?ペンキ?w

書いたとしても相手が理解できるには文字は鏡像として反転して書かねばならない。

坂井氏は普段からそんな書き方の訓練をしていたのだろうか?w

文章からは坂井氏が中攻機の護衛戦闘機の一機として付いていたらしいが

これらの文字を遠くの中攻機から見て理解できるとは思えない。w

116名無し三等兵2015-01-04 04:05:51

栗林って部下からの評判は良くないね

120名無し三等兵2015-01-20 10:26:58

>>116

軍事指揮官とは、部下から恨まれて一人前。

上に書いてるようにバンザイ突撃を抑止し続けた、非情な将軍でもある。

122名無し三等兵2015-01-22 09:17:00

>>120

文句言うの家族への手紙しかやってないって批判しか無いけど?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする