【何もかもが】司馬遼太郎アンチスレ【嫌い】

1無名草子さん2011-10-15 23:22:02

司馬遼太郎の一方的な決め付けが嫌い。

そのクセ裸眼の思索者とか馬鹿?

172無名草子さん2014-02-17 22:33:27

1 名前: 名無し三等兵 [本代を返せ!] 投稿日: 2013/04/24(水) 07:17:16.64 ID:???

俺が大学1年生の時、日露戦争100周年と言う事で、TVでは

色々な特番が組まれ、関連書籍も多く出ていた。

そこで、以前から人気のあった「坂の上の雲」を読んだ後、

歴史・軍事の専門家の書いた日露戦争の書籍を読んだ。

そして、ショックを受けた。

司馬はフィクションを封印し真実しか書かず、資料は参謀本部が

残した前線の地図だけで物語を演繹的に構成したと言っていたが、

「坂の上」は、機密日露戦争史を丸パクリしただけの一から十まで

大嘘のオンパレード小説もどきだったことが判明した。

実際には乃木は有能な将官だったし、海軍がゴリ押しした二○三高地

攻略も必要なかったし、第三軍に児玉の干渉はなかったし、東郷は

日本海海戦の直前に連合艦隊を対馬近辺から移動することも考えたし、

児玉は参謀次長になった時、田村怡与造の作戦案を滅茶苦茶に修正

しまくり だったし、・・・

司馬に騙されている人は専門書とか読まないの?

3 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2013/04/24(水) 08:37:55.15 ID:???

司馬で歴史を語る奴がいるのは事実だが

それは司馬のせいじゃない

4 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2013/04/24(水) 10:05:59.17 ID:???

歴史小説を一瞬でも史実だと思い込んだ>>1が悪い

5 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2013/04/24(水) 10:12:51.15 ID:???

>>1

大学生になっても歴史書と歴史小説の区別が付かないとか、どんだけ頭が悪いんだよ

これがゆとり脳か…

5無名草子さん2011-10-15 23:53:21

ペンネームが変すぎる。毛沢東男(けざわあずお)とか居たらキモいだろ。

それと同レベル。もしこういう自称をする男が美的感性があったらむしろおかしい。

14無名草子さん2011-10-22 14:13:02

司馬は幕末と明治で西郷隆盛の人格が変化したというがむしろ幕末の行動の意味をよく分かって

いなかったんじゃないのか?

実際にはほとんどの期間幽閉や軟禁をされていたし、活動していた期間はかなりな独断専行が目立つ。

16無名草子さん2011-10-23 20:43:43

>>14

俺は西郷の変化は、「ブレーンの大久保と決裂したから」ただその一点だけと思ってる。

でも司馬は、「なぜだろう、不思議だ。幕末はあんなに凄かったのに」と延々と首ひねってるのが不思議だった。

18無名草子さん2011-10-25 19:34:17

大久保はあくまで久光のブレーンであって、西郷との関係で言えば久光との間を

取り持っただけじゃない?

20無名草子さん2011-10-26 21:01:59

>>18

定説ではそうなんだけどね。

個人的には倒幕運動は、戦略は西郷、戦術は大久保っていう分担だったんじゃないかと思う。

33無名草子さん2011-11-19 14:35:47

司馬遼太郎は小林秀雄に似てる。共に「国民的」大作家・大批評家と称えられる。

しかし小林は自分にとって最重要のモチーフ

【太平洋戦争と中原中也】

に生涯ほとんど触れていない(批評家なのに)。司馬遼も同じく

【太平洋戦争】

にほとんど言及していない(歴史作家なのに)。そこが不満。

61無名草子さん2012-10-26 00:11:10

司馬遼太郎記念館に行ったことがある。二万冊かの蔵書が高い天井まである

壁一面の本棚に収められている。上の方は見えにくいから、オペラグラスを

持っていくことをおすすめする。新旧、様々な本があった。しかし、ひとつ

気が付いた。すべて和書だった。幕末の歴史を調べるには和書だけでなく洋書

にもあたる必要があると思うが、この辺が司馬の限界かとも思った。

65無名草子さん2012-12-27 13:12:49

>>61

俺も記念館に行ったんだけど、がっかり感というか残念感しか残らなかったな。

歴史時代小説ファンの端くれとしては、司馬さんの蔵書をじっくり見ていきたかったけど、

地下1階から地上2階にわたって展示されているといっても、

裸眼で見られるのは下の方の書架に収蔵されているごくわずかの蔵書だけ。

61さんの言うようにオペラグラス持っていかなきゃいけなかったな。

しかし、ここを設計した安藤忠雄は、何を考えてんだよ。

70無名草子さん

司馬は維新側が正義で、幕府側が愚鈍で無能と設定したファンタジー作家だからな。

インタビューや下調べはしてたみたいだけど、都合のいいものだけ取り上げる朝日みたいな感じw

史実とは逆の事まで書いて幕府側を貶める事ばかり書いてるよ。

当時の欧州財閥の視点は全く持ってないし、それに幕府がどう対処したかなんて知らないみたいだ。

頭が朝日だったのは確かだと思う。

偏見の上に都合のいい小さな事実だけ拾って、全体を妄想ででっち上げて歪んだ歴史を捏造ってでね。

71無名草子さん

作家だもの無かった事を有った様に、有った事を無かった様に、

如何にも真実らしく書く、それが作家ですよ。

歴史の真実の羅列が良いのですか? それはノンフェクションと言いますよ。

>>70

司馬氏が作家活動中に直接言ってやれば良かったのに

幕末の事は当時分かっていた事と今分かって居る事とでは差が有ると思いますがね。

作家はファンタジーを売る物ですよ、太古の昔からそれは変わりませんよ。

73無名草子さん

>>71 それを歴史小説とは言わない

74無名草子さん

>>73

歴史小説とは何ですか?

世の中にはフェクションとノンファクションしか無いですよ。

歴史小説と言っても江戸時代の事で残ってるのは書簡が主で発言内容は速記録が残ってる訳では無いですよ。

書簡にも偽物も多数存在している模様ですよ。

幕府の発言内容は幕末の混乱と江戸城引き渡しに於いて焼却廃棄されたと聴いていますよ。

残ってる書簡をつなぎ合わせて話を盛り上げるそれが作家の仕事です。

どの作家の作品にこの作品は真実を調べて事実どうりに書きましたと書いてありますか。

面白可笑しく興味を損なう事無く次の作品に繋いで行くそれが作家です。

話しを面白くする為に関係の無い人が登場するのは常です。

歴史を知りたいのなら御自分で古文書を調べる他に手は無いと思います。

又は複数の作家の共通事項のみ正しいんだろうと考える事も出来ます。

85無名草子さん

司馬遼太郎の本名は何だっけ?

生年月日と没年月日は何時だっけ?

没年齢は幾つだっけ?

88無名草子さん

司馬氏の作品の何処が歴史を忠実に再現してるのでしょうか?

大衆娯楽歴史小説ですよ、

面白可笑しく楽しく愉快にはらはらどきどきする小説の何処が歴史に忠実ですか?

そんな事を考える人が居たなんてそれこそ小説以上だ。

事実は小説以上に奇怪成り とは良く言った物だ。

91無名草子さん

>>88

いやいや、司馬の小説はハラハラもドキドキもさせてくれないじゃない

史実エピを読ませる作業小説だよ

101無名草子さん2013-09-09 13:00:56

司馬信者なんて居るの? 司馬遼太郎だけを読んでいる訳では無いと思うよ。

面白ければ読むし、面白くなければ読まないだけだよ。

時代小説、歴史小説と言ってもそれが史実だなんて誰も思ってなんか居ないと思うよ。

小説なんて何処まで行っても小説だもの、物語です、作り話です、それが創作です。

全て荒唐無稽の話しですよ。

それをどうこうだって失笑ものですね。

105無名草子さん2013-09-18 03:02:51

>>101

>時代小説、歴史小説と言ってもそれが史実だなんて誰も思ってなんか居ないと思うよ。

>小説なんて何処まで行っても小説だもの、物語です、作り話です、それが創作です。

司馬信者どころか、当の司馬本人が晩年には坂の上の雲に関して

「フィクションを禁じて書いた、全て事実を書いた」って言って

本人が作り話や創作であることを否定しているんだが。

107無名草子さん2013-09-18 09:03:49

作家とは創作家

登場人物の一言一句の記録が残って居るとでも思ってるんだね。

成る程 此って もしかして ゆとり教育の弊害 マニアル世代 かな?

108無名草子さん2013-09-18 17:08:15

>>107

>>105でも書いてるが、そういうのは、

坂の上の雲に書いてるのが全部史実で創作ではないと言った、

司馬遼太郎本人に言ってやれよ。

120無名草子さん2013-09-21 08:50:06

随分読んでますね、あんなの嘘だ嘘だと言いながら全巻読破のようですね。

まるで愛読者ですね、座右の書のようですね。

嘘は大きい程嘘と思われ無い と言う事はご存じですか?

坂の上に雲が有ってどうしたの? 山の上に雲は良くできるよ。

坂の下の雲だったら雲海ですね。

フィクションを禁じたと言ってもそれは何時からの話しですか?

フィクシヨンの程度が低下したのでしょうね、

作家としてのクオリティーが低下したのでしょうね。

貴方達は何に付けても 超スーパーウルトラクレーマーですね、 間違いない。

121無名草子さん2013-09-21 21:13:29

>>120

もう何言ってるのかわからんし、そもそも全然受け答えにもなってない。

とうとう信者も擁護できなくなったのか。

それとも、この程度の信者だからこそ、司馬の小説をそっくりそのまま史実だと

思い込んでしまうのか。

123無名草子さん2013-09-22 09:38:58

>>121

面白いね、さすが超ド級スーパーウルトラクレーマーですね。

あの程度の文章も読め無いんですね、

作家が史実道理に物語りを書く訳も無いし史実道理書ける訳も無いですよ。

史実なんて行間に垣間見えるだけですよ。

あなた方の座右の書は司馬氏の著作ですね、良くそれだけ熱心に読めますね、大したもんだ。

嘘嘘と騒ぐなら政治家の嘘でも調べてみたら面白いと思うよ。

125無名草子さん2013-09-23 08:50:22

だから故人の過去の発言に何時まで拘ってるの?

なんで其処まで拘らなければ成らないの?

何処が史実ですか? 面白いお話そのレベルですよ。

全くクレーマーレベルの事しか言って無い事に気づいて下さいね。

127無名草子さん2013-09-24 03:04:46

てか、>>125って前からいる、

痛い司馬信者で>>71とか書いた奴か。

136無名草子さん2013-09-25 20:41:52

坂本龍馬は実在の人物

坂本竜馬は司馬が作りだした架空の人物

137無名草子さん2013-09-26 10:31:15

>>136

面白い 愉快 愉快

龍馬と竜馬 が別人だって 此も新解釈ですね。

実在しただって可笑しいよ。

138無名草子さん2013-09-26 17:17:23

誰か>>137を日本語に翻訳してくれ

もうこいつが何を言いたいのかよくわからない

183無名草子さん2014-07-12 22:25:07

>>172見てもわかるように、司馬信者の悪いところは、

基本的には司馬小説を史実と思い込んで司馬小説を読んで

歴史のお勉強をした気になってるくせに、いざ司馬小説が史実と違うと

言われると、すぐに司馬は小説だからと逃げるところ。

185無名草子さん2014-07-19 14:44:27

播磨灘物語のあとがきで、読者から「おまえの小説には人民が登場しない」とケチ付けられた、

官兵衛の内臓まで詳細に書けというのか!と訳の分からない反論しててワロタ

187無名草子さん2014-07-22 21:25:12

嫌いなものは絶対に認めようとしない

事実を捻じ曲げてでも批判しようとする

189無名草子さん2014-08-15 16:26:24

>>187

徳川家康と幕府

乃木

昭和の陸軍

みんな司馬の嫌いなもの。で、それを真に受ける馬鹿が

司馬の偏見をさも通説であるかのように広めてしまった。

190無名草子さん2014-08-16 02:50:15

>>189

劉邦も入れておこう

あの終わり方はないだろう思う

191無名草子さん2014-08-18 22:57:17

>>190

項羽と劉邦はなんかつまらなくて途中で止めたわ

父親が読んでいたが

後期の司馬作品って娯楽として楽しめないっつーか、だた文献の丸写しみたいで嫌だったな

古本で買っても金の無駄レベルばっか

あれは本当に小説か?竜馬がゆく程度に物語書けよと思ったし

195無名草子さん2014-08-31 21:01:33

>>191

信者にはその後期の司馬作品も人気がある。

その文献丸ごとみたいな感じなのが、司馬作品を小説として見ないで

歴史の勉強をしてる気になって読んでる人には特に。

前に司馬ファンスレで、司馬の作品をあれはもう小説のレベルじゃない

なんて言ってるヤツがいたくらいだから。

197無名草子さん2014-11-25 18:30:13

>>195

それってもう文献から物語にする引き出しがないって司馬が言っているのも同じなのに・・・

持ち上げている奴はアフォだなw

202無名草子さん2015-05-29 00:36:07

信者に言わせると「山岡荘八の小説は(司馬に比べ)つまらん」らしい

204無名草子さん2015-07-16 21:19:12

>>202

実際山岡は詰まらんからなぁ

206無名草子さん2015-07-17 00:49:35

>>204

偉そうに歴史家批判しないだけマシだ

214無名草子さん2016-02-29 10:40:36

あくまで娯楽小説の作家であるならなんの問題もなかったと思うよ。

史実を捻じ曲げていたとしても、たかが小説で歴史の勉強をする方が馬鹿なだけだし。

小説は別の惑星の話なんだからなんでもいいんだよ。

エッセイやら対談やらで偉そうに歴史を語っちゃうのがいただけなかったね。

216無名草子さん2016-05-28 13:43:37

>>214

娯楽小説を史実そのものと思ってる日本人が多いのが問題。

NHKはじめドラマにしまくったマスコミはもっと検証番組をつくるべし。

218無名草子さん2017-05-22 21:37:41

深川図書館特殊部落

同和加配

人ボコボコぶんなぐってもOK お咎めなし

ガキどもが走り回る 見て見ぬふり

公務員による恣意行為

etc

なんのための施設か? →特殊な関係用